ボウラード
BAWLARD GAME

 

これはプロテストでも採用されている、ビリヤードの実力が数字になって現れるゲームです。
練習課題として行なっても楽しい競技なので、わたしも1人撞きの時はよくやってます。
自分の実力判定としても定期的に行なうといいでしょう。

ボウラード・ゲーム

プレイ人数:基本的には1人(ただし2人以上で得点を競い合うのも面白い)
使用球:1〜10番

ゲーム概要

ビリヤードでボウリングをするようなゲームです。
得点のつけ方も同じで、ボウリングと同じ形式のスコア用紙で点数をつけていき、1フレームから10フレームまで行い、1フレームごとにラックしてブレークします。1フレームに撞き2回(2投)撞けるのも同じです。(後述)
最高点もボーリングと同じ300点になります。

またアマチュアの場合は試合に出るときにクラスを自己申告しますが、自分のクラスの判断基準のひとつとしてこのゲームのアベレージを参考にしたりします。一応の目安としては以下のような感じでしょうか。

初心者:0〜39
C級:40〜99
B級:100〜149
A級:150以上

ただし、ナインボールでは強いのにボウラードのアベは低い人や、ボウラードでは高得点が出るけどナインボールは弱いといった人もいるので、あくまで参考程度といった感じで、ボウラードのアベが低いからといって悲観することはありません。
(自分を慰めてる?<オレ)

ボウラードで高得点を出すにはそれなりのコツもいります。


ルール

ボウラードはブレイク以外すべてコールショットで行ないます。
ブレイクについては特にコールする必要はありません。またブレークで何かの的球が入っても入らなくても続けてめ1投目を行なえます。(こういうブレークをフリーブレークという)

ボウラードラックは左図のように、ボーリングのピンと同じ形で10個の的球をラックします。配置の順番等はありません。落とす順番もコールショットをするだけで番号は関係ないのです。
ブレークのコツとしては、ある程度は的球が散らないのも困るが、ナインボールのように力いっぱいブレークするのはかえって良くない。普通は比較的ゆるいブレークを撞くことが多いです。理想としては程よく的球が散って、手球がテーブルの中央に停止して、どの的球も狙いやすい状態になるのが良い。そのために力を押さえてブレーク時の手玉をコントロールしやすくするのです。


ブレーク後、自分で順番を考えながらミスやファールをすることなく10個の的球をコールショットですべて落としきれば「ストライク」となる。
また、例えば5個の的球を入れて6個目を外したら、1投目は5点で現状のまま2投目をはじめる。
2投目で残りすべてを落とせば「スペア」である。
つまり「1キュー(ミスやファールが発生するまで)」がボウリングでいう1投になり、1フレームの得点はボウリング同様2投の合計になる。

ミスや(スクラッチ以外の)ファールは手玉も的球もすべて現状のまま2投目に入る。
ボウラードはコールショットのため、指定したポケット以外に指定した的球が入った場合は無効になる。
その場合は入った的球をフットスポットに戻す。フットスポット上に他の球がある場合はロングライン上にその球と密着させて並べ、2投目をはじめる
ブレーク以外のプレーでスクラッチした場合も同様に手玉をブレークエリア内に置き、ブレークエリア外の的球をコールする。スクラッチと同時にポケットされた的球があればフットスポットに戻す。

コールショットが決まれば、同時に他の的球がポケットされてもそれは得点になる。
ブレークでスクラッチすればそれはガーター(G)になり、手玉をブレイクエリア内に置き、ブレークエリア外の的球をコールする。的球が全てブレークエリア内にある場合は2ポイントラインに1番近い的球をフットスポットに置きそれをコールする。その時同時ポケットされた的球があればフットスポットに戻す。
2投目にスクラッチを含むファールやミスをした場合にはその時点でそのフレームは終了となる。

2投目を終えて次のフレームに移るときはラックし直し、再びブレークからはじめる。
上記の要領で10フレームまで行った合計点がそのゲームの得点となる。

なお、10フレーム目はボウリングと同じくストライクかスペアが出れば3キュー(3投)目まで撞くことが出来る。

得点の付けかたはボウリングと同じなのでここでは省略します。
ボウリングの得点の付けかたをご存知ない場合は・・・誰かに聞いてください・・・

このように順番に関係なく撞けるため、比較的簡単なゲームに思えますが、実際は何も考えずに簡単な球から取っていたのではすぐに行き詰まってしまいます。
ストライクやスペアを取ろうと思えばやはりポジションプレーというものを考えていかないと、なかなか出来るものではありません。だいたい60点以上のスコアを出そうと思えばある程度安定したシュート力とネクストが取れる必要があります。また結果が数字となって現れるので現在の自分の実力がある程度把握できます。
1人で練習するときには最適のゲームじゃないでしょうか。

ちなみにボウリングが上手いからといってもボウラードで高得点が出せるわけではありません。

え、私のアベレージは何点かって?!・・・・・


メニューへ