ボトルトレーニング
ボトルトレーニング

 

センターショットと同じく、正確なキュー出しの練習の自宅版です。

ビリヤード台と同じぐらいの高さの机か台の上にカラの500ml のペットボトル(安定するように四角い形のヤツがいいです)を置き、その飲み口(フタはあけておいてネ)に向かって撞きます。この時ちゃんとスタンスが取れる場所じゃないと意味がありませんので、そこそこのスペースは要ります。

シャフトがペットボトルに触れると失敗、触れなければちゃんとキューが出せているということです。
上級者はちゃんと触れずにペットボトルの底をつけるといいます。 ホントですかね・・・


ちなみにこんな製品も市販されています。
ペットボトルより口が小さそうなので、結構難しいでしょうね。
でも正確な撞点が撞けるようにはなりそうです。

ちなみにうちには都合のいい台もスタンスをとれるだけのスペースも無いので、わたしはやってません。
つくづく基本を無視したヤツです・・・実戦あるのみ!!


メニューへ