センターショット
センターショット

 

プロでも欠かさないというこのセンターショット、ビリヤードの練習課題としては基本中の基本です。
(でも、あまり面白くないのでわたしは欠かしてしまっています・・・よってなかなか上達しない)

まず左図を見てください。

テーブルのセンタースポットに的球を置き、向こう側のコーナーポケットへ真っ直ぐ狙える位置に手球を置きます。置く場所は短クッションから2ポイントのライン上です。

そして的球をコーナーポケットに入れる練習です。
初心者の場合は的球と手球の距離が遠いと難しいかもしれないので、最初は手球を置く位置をもう1ポイント前にしても良いでしょう。

この真っ直ぐに狙うセンターショットの目的はただ真っ直ぐの配置をポケットできるようになることではありません。この練習で一番意識することは、ポケットに入れることではなく、キューを真っ直ぐ正確に出すということです。(それが出来ればちゃんとポケットに入りますが)そして最初はちゃんと手球の真ん中を撞くこと。
それが出来れば的球は綺麗にコーナーポケットに吸い込まれていきます。

キューはなるべく長くしっかりと出すように心がけてください。

図の手球から的球を貫通してポケットに向かっている線がイメージラインです。
(もちろん実際には引いてませんが)このラインに沿って真っ直ぐキューが出て行くようにします。そのために自分が正確に、また窮屈にならないように真っ直ぐキューが振れる基本形のスタンスやフォームをここで身に付けましょう。

撞点も大切です。手球の中心を正確に撞くことを意識しましょう。これが横方向にずれると(程度にもよりますが)キューがイメージライン上を通っても的球はポケットされません。(詳しい理屈はヒネリの項で説明します)
たとえ的球がポケットされても(ポケットには許容範囲があるので)的球に当たったあとの手球が止まった場所で横回転している場合は撞点が横方向にずれています。

あくまでも狙う練習ではありません。キューを真っ直ぐに振る練習です。
的球をポケットするための狙い(厚みの取り方)自体はプロでも初心者でも大して差がないそうです。
違いはその狙った場所へ正確に手球を運べるかどうかの技術の差です。

もともと真っ直ぐな配置なので狙いを間違うことはありません。的球がポケットされない場合はちゃんとキューが振れていないということです。的球をポケットに落とすのは目的ではなく確認です。

ここで意識する点をまとめると、

1.キューがイメージライン上をちゃんと通っているか。(方向性)
2.撞点はちゃんと中心を捉えているか。(コジリ)
3.1,2を正確に行なうためのスタンス、フォーム、ブリッジ等の確認。

1は基本的なキューの方向性です、イメージしているラインに対してキューが斜めに出て行ってないかどうかなど確認します。2で多い原因はコジリという現象です。インパクトの瞬間にグリップを握りこんでしまったりしてグリップしている手の手首が内側(あるいは外側)に動いてしまうためキュー先がずれてしまう現象です。3でそういった部分を含めて自分のフォームをチェックしましょう。球屋に鏡があれば自分が実際に撞いている姿を確認してみましょう。

慣れてくれば、撞点を中心だけでなく上下に替えて、フォローショットとドローショットでもやってみましょう。
(フォローショットとドローショットについては別項で)

それと同じ方向からだけではなく、左右のポケット、またテーブルの反対側からも左右のポケットで練習しましょう。意外と見える景色が変わると方向性などに影響が出るものです。またテーブルが自分の体の右寄りにあるのか、左寄りにあるのかでも感覚は変わってきます。

あと1球撞くごとに必ず台から離れて狙いを確認してからアドレスに入る癖をつけましょう。
撞くときに自分のリズムを保つためです。チョークも1球撞くごとに必ず塗る癖をつけておいた方が良いです。
慣れてくると1球撞き終わるごとに無意識にチョークを手にとっているようになります。

チョークを塗りながら狙いに対して真っ直ぐに立つ→チョークをレールに置いてアドレスに入る→撞点と方向を確認しながら数回ストロークしてショットする→キューを完全に出し終わるまで体を動かさない→体を起こして次の的球と手玉をセットし、最初の状態に戻る。
この繰り返しを一定のリズムでこなせるようにします。

理想としてはその日の練習の最初に各コーナーポケットで15コの的球全て成功するまで行なうのが良いでしょう。

少し撞けるようになってくれば手球を置く位置に少し角度(フリ)をつけて厚みの取り方を含めた練習にもしていきますが、最初は図のように真っ直ぐな配置で、とにかく正確なキュー出しが出来るようになるのが目的です。

これでバンバンと決まるようになれば自分のキュー出しに自信がついて、簡単なフリなら外す気がしなくなるかも知れませんよ。 (だけどわたしはメンドーなのでやらない・・・)


メニューへ