ジャンプショット

ジャンプ・ショット

 

ナインボールなどで先球がせっかくポケットの穴前にあるのに手球のコースが他の的球に邪魔されて当てる事が出来ない。

空クッションからも他の的球に微妙に邪魔されてコースが無い。
うーん困った・・・

こんな時にはジャンプ・ショットの出番です。

ただし初心者がよくやっている、手球の下にキュー先を鋭く潜り込ませてキュー先で手球をすくい上げるようにする「ジャンプ・ボール」と言うヤツとはまったく別物のちゃんとしたビリヤードでのショットテクニックです。

あのすくい上げる「ジャンプ・ボール」と言うヤツはショットの際に先角が手球に触れているので「故意のミスキュー」と見なされファールになりますのでご注意ください。
ビリヤードでは全てのショットで手球に触れていいのはタップのみです。(故意ではなくショットの加減でミスキューした場合はミスキュー自体のファールは免除されます。)

本当の「ジャンプ・ショット」というのはすくい上げるのではなく、タップとラシャ(その下にあるスレート)で手球を挟み込み、その反動で手球をジャンプさせる技術です。

ビー球なんかを親指と人差し指で挟み込み前に飛ばすのに近い原理です。

左図がジャンプショットの原理です。(線の長さや角度は正確じゃありません。物理に明るい方スイマセン)

この図のAのように斜め上から撞きおろすようにキューで手球に力を加えたとします。

このAを分散させたものがBとCです。

このときBの方向にはにはテーブルがありますので、Bは反発して上方向のDに変換されます。

この時ラシャとの摩擦や重力というものがあるのでBの持っている力量が100% Dに変わることはありません。
幾分か小さくなったものがDです。

そして手球はそのDとCが合成されたEの方向に向かって飛び上がります。

これがジャンプショットの原理であり、手球の下をすくい上げるものではありません。

また上図のようにBの力がDへ変換される際にその力量は小さくなりますので、手球に力を加える角度、つまりキューの角度に対して手球が上昇する際の角度は浅くなります。

基本的な目安としてキューの角度が45°の時、手球の上昇角は約30°ほどと覚えておくとよいでしょう。

ジャンプショットでもドローやフォローといった回転をかけてやることが出来ます。
しかし通常のショットに比べその撞点の幅は狭く、シビアになります。
基本的に下の撞点は立てたキューの角度からみて(つまりキューと同じ角度でテーブルがあるとして)通常のドローショットの限界撞点とほぼ同じです。

上の撞点の場合、撞いたキュー先(タップ)がまだその場所にあるのに手球が斜上方向へ移動することになりますので、 その軌道を妨げる位置にタップがあると手球はジャンプすることが出来ません。
この軌道を邪魔しないギリギリの撞点が上の限界撞点となります。

上手く飛ばせないという方は一度友達や店員に頼んで自分がどういった撞点を撞いているかを見てもらってみるとよいでしょう。

ジャンプショットの場合、キューを立て、上から撞点を確認しているので、キューの角度に対してどこが中心撞点かが分かりにくいものです。

また、キューの傾斜と同じ角度でテーブルを傾けたイメージを持つようにすると分かりやすいかもしれません。

撞点幅はキューの角度を立て、手球の上昇軌道が真上に近づくほど狭くなっていき、上の限界撞点と下の限界撞点が重なるところが出てきます。

現実的にはキュー角度が70°以下で手球の上昇角が50°程度が限界のようです。
これでも撞点の幅は恐らくタップ一個分ぐらいしかないと思います。

では実際にジャンプショットの動画です。

※動画を観るには Microsoft Windows Media Player(無料)が必要です。
Microsoftのホームページよりダウンロードしてください。

※ Macの方はこちらをダウンロードしてください。
Mac OSX10.1.5以上+ Windows Media Player 9 For Mac OSXでご覧いただけます。
(Mac OS9では観れませんm(_ _ )m

Jump Shot Movie

asf動画ファイル7秒
ファイル容量:283KB

使用しているキューはジャンプ専用キューで、MezzのAIR SHOTERというショートジャンプが得意なキューです。
(なんか自分には軽すぎるような気もするが)

最近は高性能ジャンプ専用キューが各メーカーからいくつか出ています。

値段も手ごろなので、持ってない人は一本キューケースに入れておいては如何でしょうか?

1万円以下でも簡単に飛ばせるジャンプキューが買えますよ!

お勧めはシャフトがアッシュ材で、タップがベイクライトなどの樹脂系のもの。
これだけでかなり簡単にジャンプ出来るようになります。

ジャンプショットのコツとしてはキューを立てるためにブリッジを組んでいるほうの手の肘をグッと深く折り曲げ、体を沈み込ませ、グリップしたほうの手の肘を上に高く上げるようにします。

飛ばそうとするあまり思いっきり力んで力を入れてしまってる人をよく見かけますが、その必要はありません。
下手したらラシャを破ってしまいますよ。

キューの重み自体を利用してすばやく振って手球の上に落としてやるような感覚でかまいません。
そんなに力を入れなくても、撞点とタイミングさえちゃんとしていれば軽く飛んでくれます。

またこのストローク以外にショートジャンプ時に有利なダーツストロークというのがあります。
肩口あたりで親指、人差し指、中指の3本の指でダーツを投げるときのようにキューをグリップし、手球にキューを投げつけるように撞く (あくまでイメージであって、実際は投げずに撞く) ストロークでよりキューの角度を稼ぐことが出来ます。
手球と飛び越す的球との距離が球一個分以下などになるとこっちのストロークじゃないとキツイかもしれません。
でもわたしはこのダーツストロークが苦手なので撮影してません・・・(汗)
得意になったらまたこちらで紹介します。

右のスローモーションの画像ではキューの角度に対して手球の上昇角のほうが浅いのがよく分かると思います。

またキュー先がラシャに触れていないのが分かると思います。
ちゃんとしたストロークが出来ていればキュー先がラシャに触れることはないと思います。
キュー先が触れなければラシャを破る心配もありません。

ラシャを破ると大抵の球屋で1cm四方あたり数千円の罰金を取られると思います。

「うちは1台丸ごと張り替えるから」なんてアコギなことを言われたら数万円の弁償になります。

幸いわたしはそういう経験はありませんが、せっかく楽しみに行ってるのに痛い出費はゴメンですよね。

初心者の方も上級者がジャンプしているのを見るとつい自分もやってみたくなると思いますが、まずはある程度どんな状況でも空クッションから処理できるようになりましょう。

正直、空クッションから入れやセイフティを狙うよりジャンプショットの方が有効な場面というのはあまりありません。

ネクストなども考えると、ジャンプショットでの手球のコントロールには限界があります。

しかし、空クッションからではどうしても処理できないような場面や上の動画のようにジャンプショットが有効な配置というものも出てくると思いますのでマスターしておいて損はないでしょう。

ただし、最初は必ず上級者に付いてもらってちゃんとした技術を教えてもらいましょう。
見よう見まねでやると、初心者がやる「すくい上げジャンプ・ボール」より格段にラシャを傷める可能性が高いものです。
最初は飛んでも飛ばなくてもよいので、座布団を手球の下に敷いてラシャを保護しながら正しいストロークをマスターし、その後、実際にどう飛ばすかを練習するのがよいでしょう。

繰り返しますが、ラシャ破ったら数千円〜数万円の出費になってしまいますのでご注意を・・・

メニューへ