BALL
Ball

 

ビリヤードのボールも競技によっていくつか種類がありますが、ポケット用のボールは一種類のみです。
ポケットビリヤードのボールは1番〜15番までの色つきの的球と白い手球の16コのボールを使います。
番号によって得点が決まったり、どれかの的球をゲームボールとしたり、番号が全く関係なかったり、またナインボールのように1〜9番までしか使わなかったりしますが基本的にこの規定のボールを使用します。

(公式規定)
直径:2.25インチ(57.1mm)
重さ:6.00オンス(170.0グラム)
材質:プラスティック

的球と手球のサイズはまったく同じです。

普段ビリヤード場でよく見かけるのが左の写真のような色をしたものです。

手球:白
1番:黄
2番:青
3番:赤
4番:紫
5番:オレンジ
6番:緑
7番:ワインレッド
8番:黒
(以下ストライプの色が)
9番:黄
10番:青
11番:赤
12番:紫
13番:オレンジ
14番:緑
15番:ワインレッド

で、昔からこの配色が基本になってます。
慣れると殆ど番号は見ずに色で判断するようになるので、これが製品によってバラバラだったら少し困ってしまうでしょうね。


しかし、最近はテレビ放送用に右の写真のような配色も出てきています。上の配色ではテレビで見たときに、2番と4番、10番と12番が識別しずらいために4番と12番をピンクに変えています。また7番と15番もブラウンに変わってるみだいです。

わたしは使ったことは無いですが、これぐらいの変化であれば迷うことは無いでしょう。

この色というのも実は結構重要な気がします。
実際わたしは濃い目の色の8番とか6番は狙うときに厚みが取りにくい(見えにくい?)ような気がします。

また1〜8番のような全体に色がついた(ソリッド)ボールより9〜15番のような帯のついた(ストライプ)ボールの方が狙いやすい気がします。

このソリッドとストライプの違いは、きっと無意識のうちに帯で角度を測っているんだと自分では思っています。

さすがにあまり見かけませんが、なかには「マイ・ボール」を持ってビリヤード場に来る人もいるみたいですね。

普段は持っては行かないけど、一応「マイ・ボール」を持ってるという人は結構いるみたいです。
みなさんこだわってますねえ。

わたしも球屋でハッキリと欠けたところのある、ろくにワックスもかけてないようなボールを渡された時は、「マイ・ボールが欲しいな」などとも思いますが、だからといっておそらく持ち歩きはしないと思うので持ってません。
でも、インテリアにお気に入りの番号だけでも置いとくといいかもしれませんね。

ちなみにボールはワンセットで15,000円〜30,000円ぐらいで買えます。
バラなら1コ 1,000円ぐらいから買えます。


メニューへ