アクセサリー
ビリヤード・アクセサリー

 

ビリヤードというとキューやボールやテーブルを思い浮かべることが多いと思いますが、その他にもステキな道具たちがいろいろとあります。 そんな道具達をご紹介しましょう。

チョーク

手球の端っこ撞いたときにミスキューしないですむのはオイラのおかげ。
なるべく1球撞くごとにオイラをタップに塗りつけておくれ。

オイラの仲間はいろんなヤツがいて、値段もピンキリ、大体100円〜1,500円くらい。色もいろいろあるんだよ。

一番有名なヤツは「マスター」っていう赤ら顔のヤツだね。どこの球屋に行っても見かけるよ。

初心者はあんまりオイラに興味がないのか、たまに思い出したようにしか使ってくれないけど、上級者はオイラがいないと不安でしょうがなくてショットするたびにオイラを手にしてくれるんだゼ!

そんなに高いものでもないので、マイ・キュー買ったら、ぜひオイラ達も自分のタップに合うヤツをパートナーに選んで買っとくれ 。

あと、初心者はオイラの凹みにタップを押し付けて強引にグリグリと塗りつけるけど、あれじゃオイラもヘソを曲げてちゃんと綺麗に塗ってあげることは出来ないネ。
上級者がオイラを使うところを見てごらん。ヘコミの端の方でシャッ、シャッ、ってやさしく塗りつけてるから。

それと、ハウスキューが滑らないからってオイラを指に塗りつけている人をたまに見かけるけど、あれ逆効果だから気をつけてね。

 

トライアングル・ラック

フッ、君たちがちゃんとボールを並べられるのは私のおかげなのですよ。私の仲間には写真のように木製のものや、プラスティックなヤツ、ナインボール専用のひし形のものから、最近は「サルド・タイトラック」なんていう、毎回決まった位置にボール同士が完全に密着したラックを組めるハイテクなヤツまで現れていますよ。

球屋によっては内側にラシャを貼り付けてもらっているオシャレなヤツも見かけますね。(注:オシャレではなくボールを密着させるためです。)

ただ、そろそろくたびれて、うまくボールを密着させられないのもいるので、そういうときは向きを変えたりひっくり返したりしてみて一番ボールが密着するところを探してやると良いですよ。

メカニカル・ブリッジ(レスト)

いんちき棒とかおたすけ棒とか呼ばないでくれる。
ましてや熊手って、あなた・・・
ボクの正式なあだ名は「レスト」。そう呼んでおくれ。

手球の位置が遠くて手が届かないときはボクにおまかせ!
いつもテーブルの横で待機してるから。

プロだってちゃんと使うんだから、いんちきだとかなんとか言わずに堂々と使っておくれ。

ただし、ボクを使うときの構え方とか間違ってる人も多いから、正しい使い方ちゃんと覚えてね!

正しい使い方は・・・説明すると長くなるから上手い人に聞いとくれ・・

 

パウダー

オレの仲間にもいろいろなヤツがいるんだゼ!
手に直接つけるヤツや、写真のみたいにキューのシャフトに塗るタイプのヤツ。

目的はシャフトのヤローの滑りをよくするためサ!
滑りを良くしようとチョークを指に塗りつけてるアンタ、ヤツは滑り止めだヨ。つけるのはオレたちサ!

ただオレたちのちょっと悪いクセはテーブルを汚すってところだネ。
でも、まあ気にせずやっとクレ!

オレたちのライバルは下の方にいるグローブだヨ。

あ、言っとくけど天花粉て呼ぶなヨ!

ブラシ

ハイ、綺麗好きのブラシでございます。
テーブルの上はチョークさんやパウダーさんたちの汚れでいっぱいでございます。そこでわたくしがテーブルを綺麗にして差し上げるんでございます。

今までプレイをお楽しみになったお客様がお帰りになった後、次のお客様が気持ちよくプレイできるようにわたくしたちは常に努力しております。

わたくしを使うと使わないとでは、ボールさんたちの動きも違ってきますわ。

ちなみにお客様がお帰りになった後、毎回わたくしたちでテーブルの掃除をしないような球屋にはあまり行かないようにすることをお勧めします。
そんな球屋はきっと他の道具のメンテナンスも良くありませんわ。

 

ティップ・ピック(タッパー)

ヘイ、メーン!
言っとくけど、オイラは剣山じゃねぇーゼ!
オイラの仕事はタップのヤローをこのおっ立ちヘッドでチクチクやることサ!
タップをオイラでチクチクするだろ、そうすっとタップのヤローの表面が荒れて、チョークのノリが良くなるってすんぽうサ!

オイラを連れていけば、いつでもチョークはベットリさ!
でも間違っても前の席のヤツをオイラでチクチクしてイジメたりすんなヨ!

グローブ

私がグローブでございます。
シャフトとあなたの左手がギクシャクせず円滑にお付き合いできるように日々努力しております。

薄くて伸縮性があり、手にピッタリとフィットしてあなたの指の動きを妨げたりはいたしません。

また、パウダー氏のようにテーブルを汚したりもいたしません。

私を使えば、ハウスキューでも格段と使いやすくなりますよ。
また、マイ・キューをお使いで普段はシャフトの滑りに問題がない方も、梅雨のジメジメした蒸し暑い時など、シャフトが滑りにくく感じたときにはぜひ私をお使いください。

ただし、私はビリヤード専用ですので、カバーできるのはブリッジを組む方の手の親指と人差し指と中指のみです。ですから冬の日のお出かけ用には向きませんのでご注意くださいね。


メニューへ